神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

お知らせ

お知らせNEWS

根尖病巣の症状

2017.02.06

根尖病巣の症状は、まず歯の根元に膿の袋が出来るということです。これは歯茎を見るとすぐにわかるほど、飛び出していることもありますし、歯をかむと痛いという程度で、膿の袋が肉眼的にわからないことも少なくありません。歯茎が何となく腫れているというだけのこともあります。肉眼的にわからなくても、歯がおかしい、歯茎がおかしいと感じて、横須賀の歯医者に行ってレントゲンを取ると根尖病巣はすぐにわかります。
次にみられる症状は、歯茎がもろくなり歯がグラグラになるということです。これは根尖病巣で歯の周りの骨が溶かされることにより発生する症状の1つです。この状態で、早く横須賀の歯医者にいかなければ、自歯を失うことにもなりかねません。
次の症状は、体調の変化です。根尖病巣でできた膿の袋の中には、細菌がたまっています。これが血液中に入ってしまうとどうなるでしょう。全身に細菌が回ってしまい、熱が出たり、発疹が出たり、全身症状が出るのです。
ここまで来ると、歯の治療だけでは終わらず、全身の治療が必要になります。大切なことは、症状が軽いうちに横須賀の歯医者さんを受診するということですね。歯医者さんは比較的たくさんあるので、専門的な治療をしてくれるところを見つけることもできるでしょう。
また根尖病巣は症状が進行すると大変です。いつもかかりつけの歯医者さんを決めておき、定期的に歯を見てもらえるようにしておけば、根尖病巣が出来ても早い段階で治療を受けることが可能になります。

ご予約は
こちら

PAGE TOP