神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

お知らせ

お知らせNEWS

支台歯とは

2017.02.04

支台歯とは、歯科の専門用語であり、一般の患者さんにはなじみのない言葉です。歯の欠落を埋めるためのブリッジや義歯などを支えるために使用される歯のことです。
通常は、ブリッジをかけたり義歯をつける場合、その場所に近い歯、隣の歯が支台歯になることが多いです。しかし支えるための歯になる訳ですから、健康的な歯であり、強度があるということが条件になります。
しかし患者さんの中には、歯全体の環境が悪く、支台歯になるのにふさわしい歯がないという場合があるのですね。
横須賀の歯医者さんではこのような状態の場合、インプラントを挿入して支台歯とすることを提案することもあります。インプラントとは、自分の歯茎に土台となるねじを埋め込んで、上部には、人工の歯を装着する方法です。審美的にも機能的にも優れている方法の1つです。
またインプラントは費用が高額になるということがあるので、横須賀の歯医者ではコスト面を考慮して、保険診療で支台歯を作ることの出来る銀合歯を選択する場合もあります。金額が安く、強度があるというメリットが大きいです。ただし金属アレルギーの人には使用できません。
またファイバーコアといって金属の代わりにファイバー樹脂を使用して作られた土台を使用することもあります。アレルギーがないというメリットはありますが、自費診療になるので、費用が高くなるのが難点です。
支台歯の方法は、いろいろな選択があります。そのため横須賀の歯医者で治療を始めるにあたり、説明を聞いて納得して受けることが大切です。”

ご予約は
こちら

PAGE TOP