神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

院内ブログ

院内ブログCLINIC BLOG

むし歯の進行度について

2017.01.23

太古の昔から、人類が対面してきた最大級の痛みをともなう疾患の一つ、う蝕。一般的にはむし歯として呼ばれていますが、この虫歯は進行の段階によって、歯医者さんでの処置が異なってきます。

まずはむし歯になりかけた状態であるC0。痛みはまだありませんが、外観的に歯の表面が黒ずんでいる、ごく初期の状態です。歯磨きを適切に行い、歯医者さんでフッ素の塗布処置をしてもらうことで、削らずに自然治癒することが可能です。

それが少し進行してしまい、歯の一番外側であるエナメル質の層に、小さく穴があいてしまった状態をC1と呼びます。痛みを感じることはまだありませんが、歯磨きケアなどで治療することはできません。放っておくと悪化する一方なので、歯医者さんで穴部分を削り、詰め物をかぶせる処置が必要になります。

虫歯がエナメル質を通過、その奥の象牙質の部分まで到達した状態はC2と呼ばれます。痛むかどうかには個人差がありますが、冷たいものがかなりしみて辛くなるので、そろそろ「虫歯かな」と自覚が出てくる頃です。治療はC1と同じですが、歯を削る際にかなり痛くなります。

さらに進行して虫歯が歯髄に到達(C3)すると、七転八倒の「いわゆる歯の痛み」である激痛を常時伴うようになります。治療に長く時間がかかり、麻酔が必須になります。

虫歯が最終段階に進行すると、歯冠部までが溶けてしまい、治療は不可能となります。歯そのものを抜歯するしかない状態がC4です。

このようにみると、虫歯対策にはC0・C1といった初期段階での対策が有効であると言えます。痛みを感じなくても、定期的に歯医者さんで検診を受けることにより、虫歯を進行させるリスクを大幅に減らすことができます。

横須賀近辺でむし歯予防の相談をするなら、むし歯になりやすいかどうかのチェック「カリエススクリーニング」を実施している、さいとう歯科(横須賀市久里浜)がおすすめです。京急久里浜駅を降りてすぐ、JR横須賀線からのアクセスも良いので便利です。頻繁な定期診断にも通いやすいですね。

ご予約は
こちら

PAGE TOP