神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

院内ブログ

院内ブログCLINIC BLOG

歯ぎしりはなぜ起こるのか

2017.01.02

歯ぎしりはなぜ起こるのかという疑問に、横須賀市の歯医者は、歯の噛み合わせの不適合さが原因であると答えています。通常口を閉じた時、前後左右のずれなく合わさるはずのものが、歯並びの歪みによってずれてしまうことで、歯ぎしりが生じる隙間を文字通りに作ってしまうというのです。
上下がしっかりとかみ合わない歯並びの状態に加えて、寝る時の姿勢の悪さやストレスの存在が影響することで、歯ぎしりは生じやすくなるというのが横須賀市の歯医者の談です。歯ぎしりの動きは癖になりやすく、一度歯がその動きを覚えてしまうと、上下の歯の収まりが悪いと判断した時、脳が無意識に行ってしまうので注意が必要とも言います。
歯ぎしりを繰り返すことで歯の断面が削れ、歯も動きやすくなり、結果更なる歯の異常にも繋がりかねません。歯ぎしりをしても歯並びはけしてよくはならないばかりか、逆に悪化させてしまう場合もあったりと、それは大いなる悪循環を呼ぶものです。
横須賀市の歯医者は歯ぎしりの改善のために、歯並びの治療を行うのが効果的だとしています。噛み合わせが正しい形になるようにし、顎のゆがみも同時に調整することで、歯は正しい位置を覚え歯ぎしりも行われにくくなるというわけです。
歯並び以外には、頭に合う形の枕に代えたり、睡眠前にリラックスできる環境を作ったりとすることで、寝ている時の歯ぎしりは効果的に予防できると言われます。起きている間の歯ぎしりは無意識に行ってしまわないよう、気を付けて対処してみましょう。”

ご予約は
こちら

PAGE TOP