神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

院内ブログ

院内ブログCLINIC BLOG

混同診療とは

2016.12.28

あまり聞きなれない言葉に混合診療があります。国民健康保険や健康保険など、公的な保険が使える治療と自分で負担しなければならない治療を併用して受けることを混合診療と読んでいます。そして、この混合診療は原則禁止です。横須賀市 歯医者さんのクリニックに行かれてもそこのところは同じです。わかりやすく言いますと、美容診療の1つに歯のホワイトニングってありますよね。審美歯科の最たるものですから、治療というよりは美容の意味合いが強いです。だから公的保険が使えません。全ての治療費を自己負担する必要があります。一方、この時に歯周病の治療を行ったとします。患部を削って削ったところにレジンを詰めたとします。いわゆね。公的保険適用に代表的な事例ですが、ホワイトニングと一緒に行うと保険が使えなくなります。このことが、よく言われている「混合診療の禁止」に当たります。「混合診療の禁止」とは、公的保険が使える治療についても全額自己負担してもらいますよ、という割合厳しいル-ルであります。現在日本において、混合診療は原則禁止なのですね。ただ例外のないル-ルはないといわれますが、この場合の例外は二つあるのです。一つが高度医療や先進医療など(評価療養)を同時に受けた場合は併用OKになります。そしてもう一つは、差額ベッド代がかかる個室に入院したり時間外診療を受けた場合(選定療養)になります。まあ、こちらの方は納得感があります。良く横須賀市 歯医者さんの集まりでも、混同診療の解禁について意見交換がされることが多いです。この問題は歯科医療も問題視していますが一般医療においても同じことが言えます。歯科医医療先進地区といわれる横須賀市 歯医者さん達にとっても、シッカリと議論を尽くしてはっきりした考え方を提示する問題ではあります。

ご予約は
こちら

PAGE TOP