神奈川でジルコニアセラミックなら、横須賀・逸見の歯医者「ウェルシティ横須賀歯科診療所」

  • 各種保険対応
  • 急診随時
  • 子どもからお年寄りまで
診療科目
一般歯科 / 小児歯科 / 矯正歯科 / インプラント / ホワイトニング
  • 駅チカ徒歩5分

    駅チカ
    徒歩5分

  • 駐車場あり

    駐車場
    あり

  • 夜19時まで診療

    夜19時
    まで診療

046-828-6688

診療時間
09:30~12:30
14:30~19:00

△…土曜日の午後診療は14:00~17:00まで
※日・祝祭日は休診

院内ブログ

院内ブログCLINIC BLOG

ブリッジ治療

2016.12.22

横須賀市の歯医者も実施しているブリッジ治療は、歯を失った後の口内に行います。一本の失われた歯に対しては、横須賀市の歯医者は個別に入れ歯を用いて対応しますが、抜けた歯がまとめて二本三本と並んだ時には、ブリッジでの治療を試みることが多いです。
健康的に生えている歯から歯へと、架け橋を作るようにして空間を埋める仕様から、その治療はブリッジと例えられます。ブリッジ治療によって埋められる空間は、欠けた金具に固定された歯がはまったもので、差し歯のように歯茎に差し込まれることはありません。そのため歯茎を開いたり骨を削ったりという手術の形をとる必要がなく、体に負担をかけずに済みます。
糖尿病や高血圧症など、持病を抱えた人にリスクを与えずに治療するために、横須賀市の歯医者はブリッジ治療を提案することがあります。また身体的な負担のみならず、診療にかかる時間の短さや価格の安さなど、間接的な負担も少なく済ませられるので、治療を希望する患者が多くブリッジはたびたび適用されます。
ブリッジの課題点の一つにあるのは、金具をかけることになる健康な歯へのダメージの付加です。普通に生えている状態なら何の異常も起きないはずの歯も、数本分の重みがかかり、その支えに使われるとしたなら、劣化が進むのもやむを得ません。空間の広さによっては歯を削ったりということも求められてしまうブリッジ治療は、あくまでも抜けた歯を補うための緊急の措置だと言えるのです。”

ご予約は
こちら

PAGE TOP